リクルートエージェントで非公開求人をうまく利用するには

リクルートエージェントの特長

リクルートエージェントといえば、業界でも最大手の転職支援サービスです。その名前だけでも聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。その人気は何によって支えられているのでしょうか。中でも最大の特徴は、「非公開求人」の多さだといえると思います。

 

非公開求人は専門性が高く、条件もよいため、信頼のおけるエージェントにだけ託された求人となっているのです。したがって、他社の同じような転職支援サービスであってもやはり、それを見つけることはできません。

 

つまり、リクルートエージェントを利用することによって、初めてそうした条件のよい非公開求人に応募することができる、といえるわけですね。では、そのような非公開求人を紹介してもらうためにはどうすればよいのか、見ていきましょう。

 

まずは当然、リクルートエージェントに登録することが必要となります。そのためには、直接出向いて行う方法と電話で行う方法の2つがあるのですが、やはりよりよい非公開求人を求めているのであれば、直接出向いて面接を受けたほうがよいでしょう。コンサルタントアドバイザーとしても、どうしても直接顔を合わせた人とそうでない人では、対応するさいの気持ちの入れようも変わってきてしまうものです。

 

もちろん、ただ直接顔を合わせるだけではなく、自分のセールスポイントをしっかりアピールする必要もあります。より専門性の高い資格や技術を持っていれば丁寧にそれを伝えましょう。ほかにも英語が話せるならば、かなり大きなポイントとなります。やはり英語力というのは常に、求人においても需要の高い能力なのです。

 

このように、非公開求人を提示してもらうためには、他の人とは違った優れた専門性をアピールすることが必須となります。もしそういったものがないのであれば、残念ながらかなりハードルの高い要求となってしまうでしょう。

 

リクルートエージェントの登録にはどれほどの手続きが必要?

転職エージェント会社に登録するというと、少し気が重くなる人も多いのではないでしょうか。それがリクルートという大きな企業であれば、なおさらかもしれません。仕事の紹介にいちいち対応するのが面倒だ、それならば就職情報誌などで探したほうがよっぽど気が楽だ、そのように思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、じつは想像以上にリクルートエージェントに登録することは簡単なのです。

 

まずは以下のリクルートエージェントの公式サイトにアクセスしてみましょう。

 

入力するのは、次の情報だけです。

名前・性別・住所・電話番号
最終学歴・言語力・海外赴任経験・保有資格
経験社数・現在の就職状況・転職希望時期・希望勤務地
現在の年収・現在の職種・現在の会社の名前と雇用形態
生年月日・メールアドレス

 

このような項目は、ネットでショッピングをする人ならば多かれ少なかれ経験した程度のものではないでしょうか。ほんの10分もあれば終えてしまうことができると思います。

 

登録後はリクルートエージェントから2〜7日以内に返事がきます。そのとき、適当な仕事がなければ、今は紹介する仕事はないというメールが返信されるのですが、早速何らかの仕事が紹介されてくることも少なくありません。

 

リクルートエージェントから紹介されるのは、他では公開されていない専門性の高い、とても条件のよい求人で、就職情報誌などでは絶対に探すことのできないものです。そうした求人情報を紹介してもらうためには、やはりリクルートエージェントに直接足を運んで面接を受けた方がよりよいでしょう。平日に数時間もあれば済んでしまう程度のものです。

 

これらの手続きは、すべて無料。あとはよい仕事をリクルートエージェントが紹介してくれるのを待っていればいいだけです。おそらくは就職情報誌などで懸命に探すよりも、よっぽど効率がよく、さらに条件のいい仕事を見つけることができるのではないでしょうか。

 

口コミからリクルートエージェントの評判が丸分かり

たくさんある転職情報機関の中でもリクルートエージェントほど名の通っているところはないかもしれません。今回は実際のリクルートエージェントの評判を知るために口コミを分析してみましょう。

 

口コミを元にリクルートエージェントの社風や実力をまとめると以下のようになります。

 

人材紹介能力は日本最高峰

リクルートエージェントに寄せられる求人数は他のどの会社も及びませんので、実際に面接を受けてみてそのことを実感した人が多いようです。
「いきなりこんなに紹介されるのかと少し驚いた、大手人材紹介会社の名に恥じない求人数を実感した」
「さすがに最大手、宣伝でも謳っているけど、求人数はとても多かったです」

 

仕事を探す上でやはり重要なのはどれだけ自分の希望に合った仕事数が存在するかということになります。やはり仕事を早く見つけたいのであればリクルートエージェントで探すのが無難でしょう。

 

対応は比較的事務的

リクルートエージェントは電話または直接面接を行なって求人情報を見ていくのですが、その際の担当者の対応に関しての意見がたくさん寄せられています。
「対応が事務的で、親身になってくれる感じではなかった」
「こちらの希望をあれこれ伝えても、それでは仕事は見つからないのようなことを言われた」

 

仕事を探している人にとっては失業していることはつらいのでそのことをできれば担当者に分かってもらい自分の希望にすべて添った仕事を探してもらいたいと思うものです。
しかし彼らの仕事はカウンセラーではありません。就職場所やお給料面の条件以外にコンピューターの検索機能をつかっても分からない部分があるので受付の人がいるだけで、基本的に彼らの仕事は仕事の斡旋であって、メンタルケアではありません。

 

2の点は他の転職情報機関でも同じであることを覚えておきましょう。

都市部の人気は過去のもの?…今、地方に住んで働きたい人が増えています 近頃テレビや雑誌で目にすることが多い、地方の生活風景。 周囲の人と関わりながらマイペースで生活する人々の姿はたくましく、また温かく見えます。自分もあんな風に暮らしてみたい…という気持ちになる方が多いのか、「転職しようか」と考える方々が地方を選ぶケースが増えてきているといいます。 一昔前であれば、都会は人が多くて華やかで仕事もいくらでもあって…というイメージで地方から都市部へ出る方が多かったのですが、近年は地方へ転職して「自分らしく生活したい」という方が非常に多くなっているのです。 では、なぜ今地方への転職を考える人が増えているのか。そのメリット、デメリットについて考えてみましょう。 ●地方は人の和が暖かい 地方と都心部で大きく違うことのひとつは、居住費です。 地方に住めば、都心部と同じスペースの部屋を借りてもずっと安く上がります。場合によっては数万円単位で差がでることもありますので、都心部で払っていたお家賃と同額ならずっと広くて条件の良い部屋を借りることができます。 食費や日常使う雑貨などに関しても、地方のほうが安く済むことも多いので生活に掛かる費用を抑えるなら地方に居住したほうが有利でしょう。 貯金をするも良し、生活にゆとりを持つのも良し。生活の幅が広がるかもしれません。また、地方に住むことのメリットとして、周囲の人との関係の濃密さが挙げられます。 隣の人の顔も知らない、とは都会の生活の比喩としてよく言われることですが、地方では町内会ぐるみでお付き合い、なんていうことも珍しくありません。常にご近所など顔見知りの人の目があり、自分を気にかけてくれる人に囲まれている安心感があります。 このような、人との繋がりを求めて地方へ行くことを決める方も多いのです。 ●地方では不便なこともある しかし、地方の暮らしも良いことばかりではありません。 デメリットのひとつとして「車がないと生活が成り立たない」という場合が多いのも事実です。 電車やバス、地下鉄などを使い慣れている方にとっては驚きの事実だと思いますが、「買い物に行こうにもバスが1時間に1本もない」というところは珍しくありません。 甚だしくは隣の家までの距離が数kmというところもあり、運転のできない方や車がない場合は初期投資が必要になるかも知れません。 また、地方生活の醍醐味である濃密な人間関係は心強いものですが、段々重荷になってしまう、というケースもあるでしょう。