第2新卒者が転職を行なう際に覚えておくと得する事柄

学校を卒業して2,3年以内に新たに転職する人のことを第2新卒と言います。

 

企業にとって彼らを雇うことにはいくつかのメリットがあります。
1、年齢がまだ若いので、高くない年収で長く働いてもらえ、かつ中高年者と比べて聞き分けが良い
2、短い期間勤めた一つ目の会社においてすでに新人研修を済ませている。

 

よって第2新卒者には転職の大きな機会が開けています。

 

企業はもちろん上記メリットを考慮し積極的に第2新卒の人を雇おうとします。

 

しかし一点だけ企業が彼らを雇う上で気にかけていることがあり、第2新卒として転職を考える際にそのことを知っているのと知らないのとでは結果に大きな違いが出ます。

 

第2新卒者が覚えておくと得な点とは次の点です。
「企業は忍耐力や精神力に問題がないかを確認したい」

 

人材としては欲しいのですが、企業がどうしても気にかかるのはなぜ2,3年以内にまた転職をしたのかという点です。

 

純粋に勤めた会社がブラック企業だったとか、就職予定だった会社の内定が取り消されたなど正当な理由もあるのですが、新世代と言われる人はあまり忍耐しないというイメージが新しい会社の中高年の人たちの頭にあるはずです。

 

よってもしかしたら一つ目の会社に勤めたものの上司の注意されたからという程度理由でやめてしまったかもしれないと思うのです。

 

ですから第2新卒者は履歴書を書く際や面談の際に、自分は辛抱強くその会社で勤める意思があることをそれとなくアピールすることが重要です。

 

面接官は「以前の会社を辞めた理由は何ですか」と120%質問してきます。
その際の受け答えが合否を分けるといっても過言ではありません。
リクルートエージェントでは第2新卒者を雇う際に企業がその点を知りたいと思っていますので、上手な受け答え指導をしてくれます。