リクルートエージェントの面談では何が行なわれるか把握しよう

リクルートエージェントは他社と比べても高い就職紹介率を誇ります。それは単に仕事を紹介するだけでなく、仕事を見つける上での備えをさせてくれるからです。その備えこそが「リクルートエージェントとの面談」です。面談では私たちの仕事探しに役立つどんなことが行なわれるのでしょうか?

 

自己紹介

簡単にキャリアコンサルタントと求人者の自己紹介がまず行なわれます。

 

就職希望者の転職活動の確認

今までどんな経緯で今回の転職へといたったかがまず確認されます。

 

現在の就職事情の価値観共感

転職を行なうことに関して楽観視しすぎている人もいますし、重く見すぎている人もいます。就職希望者の探している職種において就職活動の実態が共有される必要があるでしょう。職種ごとに需要の多さが違うからです。もし特に仕事の職種に関して要求がないならこのときに探しやすい職種に絞っていきます。

 

職務経歴書と履歴書の添削

事前に作成済の時は、その内容についてキャリアコンサルタントが添削をしてくれます。教えてもらった履歴書の書き方や修正点に基づきエントリーを行なう前に書き直しができるでしょう。

 

模擬面談

実際にある会社を想定して模擬面談を行ないます。なぜこの会社に就職したいと思ったのかなどの質問にどのように答えるのか面接官の印象はどうかなどなどチェックしてもらえます。

 

個別アドバイス

自己紹介から模擬面談の内容も含めて個人的なアドバイスが与えられます。とくに最後の模擬面談のときにキャリアコンサルタントが感じた感想はなかなか就職希望者個人が発見できないことが多いでしょう。貴重なアドバイスを元に実際の面談に望むなら就職成功率も一段とアップするに違いありません。

 

その他常識として面接の際は服装をきちんと整えて行くことが大切です。