リクルートエージェントの非公開求人を有効に活用する方法

リクルートエージェントは圧倒的に求人数を誇る言わずと知れた業界最大手です。
その人気の根底にあると言えるのは「非公開求人」の多さともいえるかもしれません。

 

この非公開求人とは非常に就職条件が良い専門性の高い求人情報です。
非公開という言葉から分かるように通常インターネットでは検索できません。
リクルートエージェントのような他社転職エージェント会社でもそれら非公開求人は見つけることができません。

 

良い転職を決めるコツはこのリクルートエージェントだけが持っている非公開求人にありつけるかといっても過言ではないでしょう。

 

ではどうやって非公開求人を紹介してもらえるのでしょうか?

 

まずは当たり前ですがリクルートエージェントに登録することです。
登録の方法は直接出向くのと、地方ですと電話で行なう方法とがあるのですが、本当に良い非公開求人にありつきたいのであれば直接リクルートエージェントに足を運んで面接を受けることをおすすめします。
電話対応しただけの人と直接顔を合わせて面談した人とではコンサルタントアドバイザーの思い入れが変わってくるからです。
もちろん思い入れがある人に良い就職先を紹介したいと思うことでしょう。

 

直接足を運び登録するのがいいのですがその際に非公開求人を提示してもらうにはアピールが必要です。
自分のどこが他の一般の人よりも優れているかアピールできる必要があります。

 

専門性の高い資格や技術があるならそれをアピールするといいでしょう。

 

言語能力もいいでしょう。
英語がネイティブレベルで話せるなら、大きなアピールポイントとなります。
英語を話せる人は山ほどいそうですが、同じように英語力を渇望している求人も山ほどあるからです。

 

もしそうした他の人とは違う専門性をアピールできないのであれば非公開求人の提示をしてもらうことは難しいと考えたほうがいいでしょう。