リクルートエージェントの悪い評判を徹底分析

リクルートエージェントを利用したした人の多くが不満を持っていることを知っているでしょうか?
これはなぜでしょうか?

 

今回はリクルートエージェントの悪い評判が立っているのはなぜなのかを徹底分析したいと思います。

 

悪い評判は次の一点に絞られるといっても過言ではありません。
・CA(コンサルタントアドバイザー)の対応が悪い

 

「CAは直接は言いませんでしたが、経験も豊富ではない私には紹介できる仕事はないと言わんばかりでした」
「担当のCAはいかにもできるという感じの女性で高圧的に感じました」

 

ではこの悪い評判を分析していきますが、まず日本のビジネス社会がここまで成長できた二つの側面に触れましょう。

 

1)表面上の対応が丁寧
2)企業の目的達成のために冷徹

 

リクルートエージェントは国の支援団体でもボランティア企業でもなく、利益追求企業です。
転職エージェント会社は、就職希望者ひとりひとりのメンタルケアを含めてよく話を聞き、最高の職場をすべての人に提供するよう尽力することが現状会社の利益にとってプラスになるようであれば会社改革を行なってでもそうするでしょう。

 

しかし現状求人を寄せてくる企業の要求は非常に高く、就職希望者のほとんどのスキルはそれに達さないというのが現状です。
可能性のない求人希望者に何時間も費やし話を聞くのでは会社として倒産するというのが現状なのです。

 

よって可能性の乏しい就職希望者には最低限表面上の対応を丁寧にし諦めてもらわないと次の就職希望者の対応ができないというわけです。

 

以上のことからリクルートエージェントの悪い評判が聞かれるのはリクルートエージェント社の仕事内容への過度の期待から生じていると結論できます。
リクルートエージェントは大手なので騒がれますが、同じような批判はその他転職エージェント会社でも聞かれることなのです。