女性が転職を上手に決める秘訣3パターン

リクルートエージェントを女性の転職希望者がたくさん利用しています。
女性独特の理由で退職せざるを得ない理由のときにどうすれば新たに仕事を見つけることができるのか考察しましょう。

 

次の3ケースで新たな転職先を見つけるための方法をご紹介します。

 

1、出産育児に伴う退職
2、女性への偏見に伴う退職
3、夫の転勤に伴う退職

 

新しい会社の面接官は男性であれば理解に限界があります。
そこで上手に転職を決めるための秘訣をそれぞれ紹介していきましょう。

 

まずは出産育児というケースですが、もし新しい会社は出産育児休暇が取りやすい社風の会社である場合、なぜ以前の会社でそうしなかったのか、仕事を続けたいという意欲が欠如していたのではと先入観で思われてしまいます。

 

よってただ単に「出産育児に伴い退社しました」というのではなく、その他の理由を挙げましょう。
「以前の会社は土日も出勤になることが多く、内勤業務へ依頼を出しましたが状況が許されず、出産育児を機に退社を選びました」
こうなるとただ単に意欲欠如による理由とは取られません。

 

同じように女性への偏見による退職も会社によって違いがあり、女性の力が発揮できる会社こそ、本人の思い込みや小さな一言を誤解しやすいタイプなのではないかと消極的に取られます。

 

前の会社が体質の古い男性優位な会社であったとしても、転職の際には言葉を選びましょう。
「責任ある立場につけるよう○○の努力を払いましたが、結局機会に恵まれませんでしたので退社しました」

 

最後は夫の転勤による退職です。
もっともな理由ですので、何の誤解も生みません。
そのまま伝えてもいいでしょうが、以前の会社にもやりがいを感じてましたがやむなく退社と述べたほうが印象はいいでしょう。