リクルートエージェントのアドバイザーはここが違う

就職探しの最大手のリクルートエージェントは日本でも最も多くの人が利用している就職、転職専門機構です。
リクルートエージェントの最大の強みはその求人数の多さとも言えますが、実はそれ以外にも強みがあるのです。

 

それこそがキャリアアドバイザー(CA)の充実です。

 

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは単なるコンピューターを叩いて求人を紹介するだけの存在ではありません。
一人ひとりに専門の分野があるのです。

 

例えば医療関係の仕事を探したいとしましょう。

 

就職の際に重要なのはその業種の実態を理解することです。
病院の医療事務の資格を取ったのでその仕事を探したいとしましょう。

 

リクルートエージェントには医療職専門担当がいます。

 

彼らは以前医療業界で実際に働いていた経験がある人もたくさんおり、その業界の仕事内容や人間関係、残業の多さなど様々な面に良く通じているのです。
よって医療事務という仕事は医者との関係においてはどうか、看護師との関係はどうか、残業はどうか、収入面は、残業は、など実際的なアドバイスを与えることが可能です。

 

こうしたアドバイスがなぜよいのかというと、実際の仕事の多くは働いてみて始めて多くのことが分かるものです。
人間関係が思った以上に大変ですぐやめるかもしれません。
どの仕事もある程度は大変なのですが、特定の問題が生じたときにどうやって対処したらよいかなど実際的な方法を知っておけば、その業種の仕事を長くやっていくことができるでしょう。

 

こうした「各業種ごとに実際的なアドバイスができる」ことこそがリクルートエージェントが他社よりも優れている点の一つなのです。