高卒でも転職を探すときに積極的になれる理由

高卒なら転職先は見つからないと頭を抱えている人に朗報です。
高校しか卒業していないとしても転職するのは全く問題ない理由があるからです。

 

高卒でも積極的に転職を考えられる3つの理由をご紹介しましょう。

 

大卒と高卒には思っているほど差はない

もちろん企業からすると大卒の方が高卒よりもなんとなく信頼が置けると感じるのも無理はありません。
大卒は高卒の信頼2割増という程度です。
むしろ企業にとって必要なのは最終学歴よりもスキルです。
つまり卒業後の職務経歴に関心が向くでしょう。

 

なぜ大卒以上と条件が出ているかの理由を知る

企業の立場に立って考えてみると簡単です。
一人分のお給料を用意して会社にとってプラスとなる人材を一人雇おうと思っています。
どんな人が欲しいですか?
同じ給料を払うわけですからできるだけレベルの高い人がいいでしょう。
企業が条件欄に「大卒以上」と書くのはそのように書いたほうが最もいい人材が得られるのではないかと思うからです。
つまり大卒以上という条件にはたいした意味はありません。
会社が高卒のあなたでもこの人は雇うに値すると思えば、大卒という条件などあってないようなものです。
むしろ大卒以上という条件は、高卒でスキルのない人をやんわりと断るために使われる手段に過ぎません。

 

大手転職エージェントなら高卒の転職がたくさん見つかる

高卒という理由で仕事がなかなか見つからないのは高卒だからというよりもむしろ仕事を見つける方法に問題があるからなのかもしれません。
リクルートエージェントなどの大手転職エージェントではたくさんの求人案件を持っており高卒でも10件以上の就職案内をしてくれる例も少なくありません。