中途採用を狙うならリクルートエージェントがいいのはなぜか

中途採用に人気が集まっています。
最近の企業は新人をゆっくり育てて5年後に使えるようにしようと思う企業もありますが、経費的にも最初の5年は捨てるようなものになるので、できれば即戦力となる人材を欲しいと思っているのです。

 

もし今までどこかの業種で専門的な仕事に付いたことがあるなら、もしくは他の人は持っていないような資格を持っているなら、積極的に中途転職を考えるといいでしょう。

 

どこで中途転職を決めればいいのか?

 

業界最大手のリクルートエージェントに勝るところはありません。
中途採用希望の求人量が膨大にあるからです。

 

リクルートエージェントの求人の半数以上は中途採用の応募となります。

 

しかも多数の業界において求人パイプがあり、医療関係、建設関係、海外貿易関係など自分の特殊能力を遺憾なく発揮できるような求人が溢れています。
他社では求人量が劣るため専門職があっても「残念ですが希望に合う求人を紹介できません」となってしまいます。

 

専門的な技術や経験または資格がないと中途採用は厳しいのでしょうか?

 

特に条件無しと言う中途採用もあるにはありますが、競争率は激しくお給料面でも満足のいくものは期待できないでしょう。
しかし専門職を生かした中途採用なら年収300万〜800万などの中途採用もたくさんあります。

 

中途採用を決める上での秘訣は自分の可能性をできるだけ探ることです。

 

例えば自分は何の技術もないと思っていた人でも、親がある食品店を経営していて、業界である程度顔が知られているかもしれません。
その顔の知れ渡った人の息子娘となると同類企業は信頼するものです。

 

ある会社はその業界の営業職を行なう人を探していて、その人の生い立ちゆえに中途採用を認めることもありえます。

 

まだ眠っているかもしれない武器となる情報をできるだけ多く提出することは中途採用を決める秘訣です。