30代は転職界において脂の乗った最良時期とも限らない

30代40代は会社で一番脂の乗った働き盛りというのは昭和の考えです。

 

今、企業が必要としているのは20代です。
20代はお給料面での要求も高くなく、比較的上からの指示にも従ってくれるからです。
30代で転職を考える人はある程度この現実を踏まえておく必要があります。

 

では30代でも良い転職を行なうためにはどうすればいいのでしょうか?
3つの秘訣があります。

 

1、30代という身分を十分に活用する
企業はできれば20代の即戦力を実は必要としているのですが、そうそう見つかるものではありません。
企業は30代でも本当に即戦力となり会社と協力してやってくれる人であれば雇いたいと思っています。
つまり40代50代の人を採用するよりは30代の人を採用したいと思っているのです。
よってまだまだ有利な年代であるのを活用し、20代にも勝る行動力で積極的に転職活動を行なっていきましょう。

 

2、今までのスキルを最大限に活用する
30代の最大の武器は経験とスキルです。
資格はもはや意味がない年齢になっていると思っても過言ではありません。
ただ資格を持っているだけでは使い物になるかどうか分からず、資格を持った上その資格を十分に生かせる経験の持ち主を企業は必要としているのです。
20代のうちに培ったスキル具体的にアピールし転職活動展開しましょう。

 

3、有効な転職エージェントを活用する
自分の経験を十分にかってくれる企業に出会うのは簡単なことではありません。
求人数のできるだけ多い転職エージェントを活用する必要があります。
リクルートエージェントは日本でもっとも求人が集まる会社です。
それだけ特殊業界の職種もそれに伴った給料を払ってくれる会社も見つけやすいでしょう。