50代での転職の長所と短所

50代というのは日本社会でもっとも肩叩きに遭いやすい年代です。
目に見えない早期退職の圧力をかけられ、それでも立場の全くない会社にい続けている人はどれほどいるでしょうか?

 

強いストレスの元転職を考えている50代の方々は転職の長所と短所を知っておくととっても気が楽になります。
あとはその長短所に沿って自分で道を選ぶといいでしょう。

 

50代転職の長所
50代の転職はリクルートエージェントなど転職エージェントに出向いて条件さえ何もつけなければ全く見つからないわけでもありません。
(リクルートエージェントは転職最大手で日本最大の求人量を誇ります)

 

しかしたとえ転職先が見つかったとしてもお給料などの条件は新入社員と同じと思いましょう。
大げさですが仕事の内容も若い人がするような外回りの仕事も含まれていると考えましょう。

 

しかし最大の長所は新しい会社はそうした仕事を安い額でしてくれるあなたという人材が必要で雇ってくれるという点です。
必要とされている会社で働けるというのは思った以上に楽しいもので、必要とされてない会社で邪魔者扱いをされ居続けるストレスを経験せずに済みます。
転職先は新入社員と同じ給料といっても簡素な生活はできるという額なのです。

 

残念ですが今の会社が50代の高給取りを必要としていない以上は本当に邪魔者でしかないのです。
自分はプライドが高くないのが長所だという方は、ぜひ転職を積極的に考えましょう。

 

続いて50代転職の短所です。
上記で述べたようにリクルートエージェントなどに登録し「なんでも行ないます」という態度で望めば転職先が見つかる可能性があります。

 

プライドが高い人にとっては逆に転職がストレスとなるでしょう。
お給料が低くなり、会社での立場も以前のような管理職で働くことはありません。
そんな人は必要ではないからです。